草の根マーケティング成功戦術大全:ダン・ケネディ&ジェフ・スルツキー著

草の根マーケティング成功戦術大全

こんにちは、はらいかわてつやです。

自営業や中小企業の経営者になると、大手企業に押され、利益を上げるのも困難という状況に直面することもあるでしょう。

でも、小さくても順調に売り上げを伸ばし、安定した利益を上げている会社もあるのです。そこにはどんな方法があるのでしょうか。

小さな会社ならではの経営方法が1冊でまるごとわかる本をご紹介しましょう。

『草の根マーケティング成功戦術大全』の特徴
『草の根マーケティング成功戦術大全』は、アメリカのビジネス本の著者として有名なダン・ケネディと、地元密着型の経営の専門家であるジェフ・スルツキーがタッグを組んで著した本です。
本書には、「クチコミ客を引き寄せる」「小さな会社が地元密着で大手に勝つ方法」という見出しもついており、小さな会社の経営者が具体的に何をすれば良いのかが書かれています。

その方法とは、顧客との密接な関係です。常連客を確保することで、不況に負けない会社を作ることができます。それには、適切で丁寧な顧客対応が必要になりますが、それこそが本書の眼目と言えます。
顧客や見込み客は、経営者や店長と面識があり、親しい会話ができると、「大事にされている」と感じます。そうすると商品を優先的に購入してもらえたり、口コミで周囲に評判を広げてくれたりもします。このような顧客との1対1の関係が、地元密着の会社経営には重要になるのです。

『草の根マーケティング成功戦術大全』の著者
本書の著者を簡単にご紹介しましょう。
ダン・ケネディは「屁理屈なし」シリーズの著書で、億万長者メーカーとしても有名な、アメリカのマーケティング・コンサルタント、戦略アドバイザー、ビジネスコーチです。ダイレクト・レスポンスのコピーライターとしては、アメリカでもっとも報酬が高いとされています。
ジェフ・スルツキーは、一流ファイナンシャル・アドバイザーです。近隣地区中心のマーケティングやプロモーションを得意とし、地元密着のフランチャイズ業者やチェーン業者に助言しています。

『草の根マーケティング成功戦術大全』の内容
本書に書かれているのは、小さな会社だからこそできる方法です。
本書では、広告の使い方、インターネットやダイレクトメールの活用法、お店のディスプレイ、名刺の使い方、イベントの開催など、多岐にわたる分野での効果的な方法が紹介されています。

本書は、冒頭に「小さな会社が生き残る唯一の方法」がダン・ケネディによって書かれています。それに続く本文の章立ては次の通りで、草の根マーケティングのポイントが5つの章にまとめられており、2人の著者が得意分野を生かして書き綴っています。

Part1 使える広告・マーケティングを見極める
 Chapter1 本当に使える広告(ジェフ・スルツキー)
 Chapter2 みんながあなたを知っている(ダン・ケネディ)
 Chapter3 投資は厳格かつ非情に(ジェフ・スルツキー)
 Chapter4 マスメディア広告を使う(ジェフ・スルツキー)
Part2 草の根マーケティングの実践
 Chapter5 インフラを整備する(ジェフ・スルツキー)
 Chapter6 戦術を実践する(ジェフ・スルツキー)
Part3 あなたの本当の仕事
 Chapter7 ビジネスを再考する(ダン・ケネディ)
 Chapter8 内部に注目する(ジェフ・スルツキー)
Part4 草の根メディア戦略
 Chapter9 「ダイレクトメール」の活用(ダン・ケネディ)
 Chapter10 インターネットの落とし穴(ジェフ・スルツキー)
 Chapter11 新旧メディアを一緒に使う(ジェフ・スルツキー)
 Chapter12 「パブリシティ」の獲得と活用法(ジェフ・スルツキー)
Part5 草の根意識がパワーを生む
 Chapter13 イベントに集客する方法(ダン・ケネディ)
 Chapter14 儲かる諜報活動(ジェフ・スルツキー)

ダン・ケネディの著書は、発想が大胆すぎて実践するのに躊躇する内容もありますが、本書の場合、地元密着の経営についてエキスパートのジェフ・スルツキーとの共著ということもあり、実践しやすい内容になっています。
会社経営でなくても、日々の仕事に活用できる方法をみつけることもできるでしょう。
今の状況に風穴を開けたいすべての人にオススメの一冊です。

草の根マーケティング成功戦術大全

草の根マーケティング成功戦術大全


この本の詳細を見る


はらいかわてつや