社長の悩みがすべて解消する「右腕採用力」養成講座

はらいかわてつやです。

会社を経営していると、この人ならと言う人を採用したつもりなのに、いざ業務を始めてみると、思っていたように事が運ばず失敗だった…という経験は、誰しもあるのではないでしょうか?

できれば一発で社長の右腕になるような敏腕社員を雇いたいものです。そのためには、社長の悩みがすべて解決する、この一冊をオススメします。

「右腕採用力」養成講座
ビジネス先進国のアメリカでは、人材選びは最重要課題のひとつです。アメリカで成功している企業では、科学的な採用法が採られているとか。その採用法のポイントを押さえたのが、ジェフ・スマートとランディー・ストリートによる『社長の悩みがすべて解消する「右腕採用力」養成講座』です。

ジェフ・スマートは、企業のCEOや投資家を対象として管理評価を行うghSMART社の会長兼CEO、ランディー・ストリートは、同社のエグゼクティブ・ラーニング部門の社長です。

本書は、中小企業の社長が人材採用で陥りやすい間違いを的確に指摘し、右腕になる人材を登用するための面接術を公開しています。

現代の日本では、従業員が5人未満の大学新卒者の離職率は3年で6割を超えるそうです。せっかく採用してもようやく仕事が身についてきたところでやめてしまう人が半分以上というのは、社長にとってはショッキングな数字ですよね。
こんな現象もあって、中小企業の経営者は、うちは大企業ではないから良い人材が来ない…と思っていませんか?

でも、本書を読むと、じつは人材の問題ではなく、採用の問題であることが分かるのです。
採用の問題となれば、企業側が改善すれば済むことです。たちまち問題は解決し、会社に必要な人材を手に入れることができるようになるでしょう。

◆面接のNGとは?
本書の指摘する、やってはいけない10の呪術的採用方法というものがあります。
芸術評論家戦術、検察官戦術、策略家戦術、動物好き戦術、占い師戦術など…
要するに、直感に頼ったり、凝ったシチュエーションで相手を試したり、型にあてはめようとしたり…という不確かな方法はすべてNGというわけです。

◆どのようにしてAクラスの人材をみつけるのか
本書は、間違った方法を示すだけでなく、正しい採用方法も詳しく説明しています。
会社にふさわしい人材を採用する技術や手順を、本書では「Aメソッド」と称しています。
そして、その方法で採用されるすぐれた人物を「Aプレーヤー」としています。

Aプレーヤーを獲得するためのAメソッドには、設計図となるスコアカード、人材の見つけ方、面接での質問法、最終的な決断のための最終ステップが含まれています。
本書では、章立てに沿って読んでいけば、Aメソッドの手順が分かるようになっています。
人材を選ぶためには、面接に来た人から選ぶというよりも、求人を出すところから始まっています。
Aメソッドの採用プロセスをもう少し詳しくみてみましょう。

◆仕組み化された採用プロセス
まず、多くの採用担当者が忘れていることですが、初めに、今の時点で会社に必要な人材はどのような人物なのかを考えます。これが「正しい人材」です。
正しい人材さえ分かれば、どこに求人情報を出せば良いかが分かります。求人は、数多く出せば良いのではなく、正しい人材のいるところにだけ出せば良いのです。
あとは人材発掘のプロが適任者を探し出してきてくれます。会社の採用担当者は、仕組み化された採用プロセスで選ばれた正しい人材から、選べば良いのです。
本書では、採用面接でのチェックポイントも挙げられています。

本書の構成は、正しい人材を知り、採用するまでのプロセスが、順序通りに細かく記されているので、忙しい経営者でも、本書にしたがって進めていけば、間違いなく適切な人材をみつけることができるでしょう。

本書によれば、採用は運次第で左右されるものではなく、仕組み化された技術です。科学的なプロセスというわけですね。
本書は、忙しい中小企業の社長にこそ読まれたい、究極の人材採用マニュアルと言えるでしょう。

bookshousai

◆本書の構成
第1章 最大の問題
「人材」問題の根っこにあるもの
「人材」問題の本質
不適切な人物を雇う10の呪術的採用
混乱を回避して、Aプレーヤーを見つける
あなたが雇った人物はあなたの鏡である

第2章 スコアカード
成功の設計図
スコアカードの3つのカギ
ミッション:その仕事は何のために存在するか
成果:やり遂げることを定義する
能力:行動の適性を確かめる
文化:あなたの会社に適合するか
戦略:スコアカードを設計図にする
実践:スコアカードで的確な人材を見出す

第3章 人材の調達
「人材の池」にAプレーヤーはいるか
あなたのネットワークから推薦を得る方法
誰よりも会社を知る従業員の助けを借りよう
保安官のように代理人に権限を与えよう
有能なリクルーターが求めることとは
リサーチャーを雇うメリット・デメリット
好循環の人材調達システム作り
ケーススタディー:CEOを探して

第4章 選び出す
Aプレーヤーを見分けるための4つの面接
Aプレーヤーを確実に選び出す4つの面接法
スクリーニング面接:リストからの効率的選択
さらに相手を知るための、シンプルな質問
鐘は早いうちに鳴らせ
トップグレーディング面接:パターンの力で「人材」を選ぶ
トップグレーディング面接を有効に行うコツ
マネージャーのための5つの主要戦術
フォーカス面接:さらに深く相手を知る
最後の砦は、会社の価値観に合っているか
リファレンス面接:得た情報をテストする
信用照会先リストを額面通りに受け取らない
危険な候補者を見分けるには
採用を決断する:スキルとウィルのマッチング
危険信号―見えないリスクを見抜く
コーチングの神様が示す「危ない人」の癖
採用を決定する瞬間

第5章 あらゆる意味で、人は変わらない
雇用契約を結ぶための5つの方法
Aプレーヤーを雇用する最後のステップ
FIT(適正)こそ採用の最重要ポイントである
FAMILY(家族)は、候補者が会社を選ぶカギ
FREEDOM(自由)をめぐるパラドックス
モチベーションとしてのFORTUNE(報酬)の意味
FUN(楽しさ)は、会社の文化と密接に関係する
5つのFをどう売り込むか
粘り強さこそが実を結ばせる

第6章 成功の要因
あなたにとっての最大のチャンス
ビジネスを成功させる一番の要因
導入:Aメソッドを取り入れる方法
避けなければならない法的な罠とは
Aプレーヤーが結集するチームを築く
上げ潮に乗る
新しいポジションで成功し昇格する条件
弱点を最小化してチームワークで勝利する
Aメソッドがあなたに成功をもたらす

付章 紳士録
―成功者たちは何を成し遂げたのか
資料:問題を解決してきたリーダーの肖像
Who’s Who―ビジネス界のキャプテン

bookshousai


はらいかわてつや