脳科学マーケティング100の心理技術(ロジャー・ドゥーリー著)

脳科学マーケティング100の心理技術   書店では手に入らない本格ビジネス洋書のダイレクト出版 - 小川忠洋

こんにちは、はらいかわてつやです。

お客さんに商品を買ってもらうには、たくさんの魅力的な商品の中から選びとってもらうことが必要です。そのためには、脳科学にもとづいた方法が効果的だということをご存知でしょうか。科学的な根拠にもとづいたマーケティングがすぐに身につく本をご紹介しましょう。

脳科学でお客さんの潜在意識を活用すれば売上げが伸びる?!
『脳科学マーケティング100の心理技術』は、どうやって売ったらお客さんが買ってくれるのかという、商売をする人だったら誰でも知りたい疑問の本質を、科学的に解き明かしてくれる本です。それも、とくべつに難解な用語で説明するのではなく、具体的な事例を挙げて分かりやすく示されるので、脳科学の難しい理論が分からなくても問題ありません。

人の潜在意識は、脳の活動の95%を占めているそうです。本書の100個の技術は、脳科学の実験結果にもとづいた、お客さんの潜在意識にはたらきかける方法です。
じつは、本書で紹介されている方法は、知ってる!これで買ったことがある!というものばかりです。
つまり、理論を知らなくても私たちは脳にはたらきかける方法に普段から接しているわけです。
でも、理論を知らなければ、その方法を生かせるのは、経験豊富か勘の良い人だけです。
その点、本書は、売れる方法を理論にもとづいて示してくれているので、誰でも売れる方法を使えるようになるでしょう。

もしかしたら、知らないうちに脳科学マーケティングの理論を身につけていて、ビジネスに成功している人には本書は必要ないかもしれません。その反対に、うまくいっていない人、これから始めようとしている人には、必読の書と言えるでしょう。

著者と脳科学
著者ロジャー・ドゥーリーは、マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者です。初めから脳科学の研究者を目指していたわけではなく、マーケティングで成功するにつれ、脳科学と行動科学に関心を持ち、独学で脳科学の知識を身につけ、マーケティングに生かすようになったという、異色の経歴の持ち主です。
「Neuromarketing(脳科学マーケティング)」の第一人者であるとともに、同名の人気ブログの執筆者としても知られています。

脳科学マーケティングの実践的な方法
本書は、100個の効果的な販売方法が14章にわたって示されています。
そのうちのいくつかをピックアップしてみましょう。

Chapter01ではセット販売や定額制、Capter06ではメンバーズカードや無料お試しなど、インターネット通販でも近所のスーパーでもありそうなサービスが紹介されています。

Chapter02では、嗅覚や触覚に訴える方法、Chapter07では、笑顔の効用、自信のある態度という接客技術のほか、お菓子のサービスや座り心地の良い椅子という感覚にはたらきかける方法、Chapter08では、店舗を場所やグッズを用いてグレードアップさせる方法などが紹介されています。言葉だけではないトータルの接客技術が示されています。

Chapter03から05は、商品のブランド化、紙媒体の活用、写真の使い方など、実践すればすぐに効き目がありそうです。

Chapter09とChapter10ではセールスコピーの技術、Chapter11では男女のセールス方法の違いが明確に示され、Chapter13とChapter14は、メディアやインターネットの活用法が詳しく紹介されています。

また、100個の心理技術は、Chapterごとにまとまっていますが、どこから読んでも理解できるでしょう。店舗で直接お客さんに対応する場合は、Chapter02、07、08などから読み進んでも良いですし、Chapter09と10のセールスコピーの技術、Chapter13と14のインターネットの活用法から読むのも良いかもしれません。
それでも、本書は、どのような商売にも共通するような内容になっていますから、いちどはすべてを読んで頭に入れておくと良いでしょう。100個もあるので、すぐに実践できる方法もみつけられると思いますし、すぐには使えなくても販売方法を計画する際にきっと役立つはずです。

ビジネスをもっと発展させたい人は、ぜひ本書を読み、お客さんの潜在意識にはたらきかける、とっておきの心理技術を身につけ、ビジネスを成功させましょう。

脳科学マーケティング100の心理技術2 書店では手に入らない本格ビジネス洋書のダイレクト出版 - 小川忠洋
この本の詳細を見る

本書の構成
Chapter01 価格が脳に与える影響
Chapter02 五感を刺激して売り込む
Chapter03 脳が喜ぶブランディング
Chapter04 紙媒体と脳の相性がいい理由
Chapter05 顧客の脳の信頼を勝ち取る
Chapter06 脳が喜ぶ接客スキル
Chapter07 脳が喜ぶセールステクニック
Chapter08 脳を刺激するコピーライティング
Chapter09 脳が喜ぶマーケティング
Chapter10 男性脳、女性脳 それぞれの攻略法
Chapter11 顧客の脳を買う気にさせる
Chapter12 脳を刺激する映像メディア活用法
Chapter13 脳を刺激するインターネット活用法
Chapter14 脳を刺激する映像メディア活用法

脳科学マーケティング100の心理技術2 書店では手に入らない本格ビジネス洋書のダイレクト出版 - 小川忠洋
この本の詳細を見る

はらいかわてつや