市場独占マーケティング ダニエル・プリーストリー著

市場独占マーケティング

はらいかわてつやです。

もし、あなたが売りたい商品を欲しいという人が多かったら、集客に気を遣わなくても自然に売れるようになりますよね。

それが売り手市場というものです。

その売り手市場を自分で作り出すことができたら…

もう顧客獲得に苦労する必要はなくなります。

そんな夢のような方法を教えてくれる本をご紹介しましょう。

市場独占マーケティング01

『市場独占マーケティング』
ダニエル・プリーストリーによる『市場独占マーケティング』は、1日で3か月分の顧客を集める手法として、超売り手市場を作る7つの原則を公開しています。
*7つの原則は、末尾の「本書の構成」第1部の見出しをご参照ください。

商売をする時、競争相手は少ないが買い手も少ない商品を扱うか、すでに売り手市場になり、たくさんの競争相手がいる商品を扱うのが普通です。
ところが、本書の場合、売り手市場は偶然に作り出されるのを待つだけではなく、意図的に作り出せると主張しています。
たしかに、売りたい商品を買いたい人が増えれば、売り込みに費やす労力は半減しますよね。
では、その仕組みをのぞいてみましょう。

1.どこにも売っていない新しい商品を作る
2.買い手と強い結びつきを作る
3.買い手が簡単に欲しいものを手に入れられる便利な方法で販売する
4.価格設定で買いたくなる状況を生み出す

今、実際に売り手市場になっている商品は、この4つのポイントをうまく利用しています。ですから、この状況を自分で作り出せれば、売りたい商品が売り手市場になるわけですね。

本書では、欲しい人が2人いれば、価格は上がると考えています。お客さんが少数であっても、商品に価値があり、複数の買い手がいれば、商品の価値は上がっていくのです。
そこで、戦略としては、小さな市場で名が通ることがポイントになります。したがって、予算はマーケティングではなく商品やブランドが「飛び抜ける」ために使うようにするのです。

実践的な方法として、効果的なキャンペーンの張り方、商品を提供する絶好のタイミング、期待以上のサービスを提供してセレブ気分にさせる方法など、具体的な手法も丁寧に説明されています。

本書の手順に沿ってキャンペーンを張り、さまざまな手段を手順通りにこなしていけば、商品の供給が買い手の需要に対して少しだけ少ない状況が作られ、商品が貴重なものになっていき、自然に売れ行きが伸びていくでしょう。

これまで集客や商品の売れ行きに悩んでいる人には、この本は絶好のメソッドとなるはずです。本書は、規模の小さい会社に必要な戦略もしっかり書かれています。小さな会社だから何もできないと思うのではなく、本書の手順を踏めば、市場に影響を与え、大きな利益を生み出すことも夢ではないのです。
本書の7つの原則をマスターし、集客を伸ばしてビジネスを成功させましょう。

bookshousai

◆著者ダニエル・プリーストリー
著者のダニエル・プリーストリーは、オーストラリア出身で、ベストセラー作家。受賞歴も持つ起業家です。20代で最初に始めた会社で、数百万ドル規模のビジネスに成長させました。
その後、ロンドンに移住し、新たに起業しましたが、数年で1000万ドル規模のビジネスに成長させ、業界の第一人者となりました。その過程で、人脈を広げ、さまざまな経験を経て、現在では、ビジネスと企業の分野に関する講演家として高い評価を受けています。
著者の手腕は、商品を売り手市場にするところに発揮されています。キャンペーンや商品改良によって、売り上げを大きく伸ばしてきました。現在では、グロースキャピタルも手掛けており、新興の企業への投資を行っています。

このように、著者は、商品を売り手市場に変える手法で自分の会社を大きくしてきた実績を持っています。本書は、この実績にもとづいて書かれた本ということですね。実践的であるのは当然とも言えるでしょう。

◆本書の構成
本書は3部構成です。
第1部では、買い手を獲得するための7つの基本原則を学びます。
第2部では、実践的に売り手市場を作り出す手法を学びます。
第3部は、チーム作りや自分の役割について学びます。

詳しくは下記のとおりですが、充実した内容なので、順序通り読むのも良し、必要な部分を重点的に読んでいくもの良し、自分に合った読み方で売り手市場にする方法をマスターできるでしょう。

第1部 売り手市場になるための基本
原則1 価格は需要と供給で決まる
 「売り手市場になる」とは、どういうことか?
原則2 市場から独立せよ
 魅力的なファンを集めてあなたの市場を作ろう
原則3 市場の均衡を破る4つの要素
 イノベーション、人間関係、利便性、価格
原則4 購買行動が買い手を作る
 群れが動くのは群れが動いたときである
原則5 他人と違って構わない
 あなたの信者に向けて発信する
原則6 価値はエコシステムの中で生まれる
 混沌を秩序に変え、華麗に操ろう
原則7 「飛び抜けていること」に勝るものなし
 一番に名前があがるブランド作り

第2部 キャンペーン主導型メソッド 原則を戦略へ落とし込む
フェーズ1 キャンペーンの計画を立てる
キャパシティー、ターゲット顧客、提供のタイミングを知る
フェーズ2 万全の下準備
売り手市場になるための土台を築く
フェーズ3 キャパシティーの解放
盛り上がりをコントロールするには
フェーズ4 飛び抜けるために
あらゆるタッチポイントを見直そう
フェーズ5 ストーリー、数、インサイト
キャンペーン成功を祝福し、もっといい提供方法を探す

第3部 クレイジーな時代、チーム作り、そしてあなた
シフト1 3つのゲーム
 負け戦ゲーム、人生満喫ゲーム、成績追求ゲーム
シフト2 キャンペーン主導型チーム作り
 全員で、飛び抜けたビジネスへ改善し、売り手市場を作り出す

bookshousai


はらいかわてつや