お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方1『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』アン・ハンドリー、C.C.チャップマン著

ブログやサイトを運営していて、集客が伸びないと悩んでいるとしたら、上手に運営している人のコツを学ぶのが早道です。アメリカでオンライン・コンテンツの運営を語らせたら右に出る者はいないというエキスパートの本をご紹介しましょう。

集客できるオンライン・コンテンツを作るためには

インターネットが普及し、企業の大小を問わず、ネットを利用して販促が行われています。言い換えれば、オンライン・コンテンツを上手に作ることが、会社経営に欠かせない条件になってきているとも言えます。つまり、マーケティングのためには、オンライン・コンテンツを利用しないわけにはいかない状況なのです。

このようにして、オンライン・コンテンツの多くが集客を目的に作られていますが、実際には、ブログやサイト、フェイスブックなどのオンライン・コンテンツが十分に活用できている企業は、そう多くはありません。

では、集客するためには、どんなオンライン・コンテンツを作れば良いのでしょうか。

その答えは、すぐれたコンテンツを発信するということです。
ネット利用者が認める、すぐれたコンテンツを作れるようになれば、集客に困ることはなくなるでしょう。
ネットによるマーケティングの競争が激しいアメリカでは、集客の科学としてオンライン・コンテンツの作り方が研究されています。その成果を知れば、あなたのコンテンツも集客できるコンテンツに様変わりするはずですよ。

『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』と著者について

マーケティングのためのオンライン・コンテンツの作り方が書かれた本は、近年増えています。その中でも、手元に長く置いておきたい本として人気が高いのが、『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』です。本書は、2012年に発売された”Content Rules(直訳:コンテンツの法則)”という本の和訳本になります。

著者の1人、アン・ハンドリーは、マーケティングに関する情報サービスを販売している「マーケティング・プロフス」の最高コンテンツ責任者です。この組織は、世界中に60万人を超える会員を擁しています。彼女の専門は、ブログなどのオンライン・コンテンツを利用して、顧客と企業の関係を構築し、集客を成功させることです。その役割を2000年から16年にわたって続けてきた彼女は、ネット社会の始まりから、コンテンツによるマーケティングを研究し続けてきたとも言えます。生まれてから急成長したネット社会で16年と言えば、大ベテランと言っても良いですね。日本では、『『コンテンツ・マーケティング 64の法則』の著者としても知られています。

もう1人の著者は、C.C.チャップマンです。マーケティング・コンサルタント、基調講演者、メディア・クリエイターとして、多方面で活躍しています。

本書の内容

本書の第1部では、初めに、効果的なコンテンツ作りの指針となる「11のルール」が提示されています。続いて、検索で上位に表示されるために必要なこと、読者の興味を引く方法、ビッグアイデアの探し方などが述べられています。ブログを継続するのが難しい人には、「ストーリーを発掘する25のアプローチ」も紹介されていて、示唆に富む方法が公開されています。

第2部では、「ブログを書くための12のガイドライン」「コンテンツ作りのための9つのステップ」など、具体的な手順を含めて、丁寧にコンテンツ作りのポイントが示されています。コンテンツ作りに欠かせない、写真や動画の扱いも詳しく解説されています。

第3部では、大企業のサクセスストーリーが豊富に掲載されています。コダック、ボーイングなど、日本人にもなじみ深い企業もあれば、アメリカ陸軍の新兵の呼び込み、車を女性に販売する方法など、さまざまな角度から利用できる具体例がそろっています。各事例の最後には、参考にすべき要点がまとめられ、すぐに応用できるように配慮されています。

末尾には、「12のコンテンツ・チェックリスト」が掲載されています。これをいつも傍らに置き、毎日チェックしながら更新していけば、自然に集客力のあるコンテンツが生み出されていくでしょう。

マーケティングのためのコンテンツ作りに行き詰ったら、ぜひ本書を手に取って、実践してみて下さい。読者に喜ばれるコンテンツ作りが身につけば、何をやってもうまくいくようになるでしょう。

オンライン・コンテンツのツボを押さえた本書は、コンテンツ作りに悩むすべての人に送りたい1冊です。
お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方


bookshousai

本書の構成

Part1 コンテンツ・ルール
CHAPTER1 マーケティングの中心
CHAPTER2 11のルール
CHAPTER3「なぜ」から「誰」へ
CHAPTER4 あなたは何者か?
CHAPTER5 再発想する──コンテンツの食物連鎖
CHAPTER6 共有か解決か──売り込みはするな
CHAPTER7 キャンプファイアー──火を絶やさない
CHAPTER8 コンテンツの翼と根っこ
CHAPTER9 ファンを育てる
CHAPTER10 B2B企業のためのルール

Part2 コンテンツづくりの実際
CHAPTER11 ハブとしてのブログ
CHAPTER12 使えるウェビナー戦略
CHAPTER13 Eブックとホワイトペーパー
CHAPTER14 ケーススタディー─顧客のサクセスストーリー
CHAPTER15 FAQページの見直し
CHAPTER16 動画──ストーリーを見せるには
CHAPTER17 ポッドキャスト──音声の共有にメリットあり
CHAPTER18 写真──絵の持つ力

Part3 サクセスストーリー
見込み客を顧客に替えるコンテンツ(あなたが盗めるアイデアとともに!)
CHAPTER19 学校を開設する──レイノルズ・ゴルフ・アカデミー
CHAPTER20 エキスパートに位置づける──クール・ビーンズ・グループ
CHAPTER21 新兵を募集する──米国陸軍
CHAPTER22 女性に車を売る──アスクパティ・ドットコム
CHAPTER23 B2B商品の販売──キュヴィディアン
CHAPTER24 B2B企業の手本──ハブスポット
CHAPTER25 ソーシャルメディアの活用──コダック
CHAPTER26 ブランド・ジャーナリズム──ボーイング
CHAPTER27 顧客を呼ぶブログ戦略──インディウム
CHAPTER28 社会運動に巻き込む──ピンク・スティンクス
CHAPTER29 別れの言葉よりも大事なこと
12のコンテンツ・チェックリスト

bookshousai