心身共に最高でいたいのなら、睡眠の環境に妥協しない

こんにちは、はらいかわてつやです。

サラリーマン時代の私には、数多くある特技の1つに、「急きょ徹夜しないといけない程の仕事をする事になっても、翌日も元気でいられる」というものがありました。

周りの人間の殆どが徹夜明けの次の日にはフラフラになりながら仕事をしており、途中で力尽きて眠ってしまっている人も中にはいたのですが、私だけは徹夜前と変わらない猛スピードで、的確にバリバリと仕事をこなしていく事が出来ていました。

当時は私の事を「強靭な体力の持ち主」だと、多くの同僚が勘違いをしてくれていました。ですが、事実は決してそうではありません。

実は、私はこのような万が一の徹夜をする時に備えて、普段から毎日たっぷりと熟睡をしていたからなのです。

いつも眠る時には、「何時間眠ろう」とか、「何時に起きなければならない」等というような事を考えてはいませんでした。「眠いと感じたら1分以内には寝て、目が覚めた時が起床時間」という事だけを、私は自分の中で決めていました。

眠りに入る前には必ず携帯電話の電源はOFFにして、睡眠を妨害するようなあらゆる音の発生源を断ちました。また、眠る時に使う枕や布団にも、徹底的にこだわりました。

より良い睡眠をする為の環境作りに、私は一切の妥協を許さなかったのです。

何故そのような事をしていたかと言いますと、「睡眠こそが全ての源である」と、私は確信していたからです。

私は学生時代に、筋カトレーニングに打ち込んだり、それに伴って食事の内容に気を配っていたりしていた事があります。しかし、どれほど訓練メニューに注意しても食べ物に注意しても、睡眠を十分に確保する事が出来ていなければ、トレーニングの効果を十分に得る事が出来ませんでした。

これは人生において当てはまる事なのですが、毎日きちんと熟睡する事が出来ていれば、物事は決して悪いようにはなりません。

人は眠っている間に心身ともに修繕されてリフレッシュします。そうすると、心と体は最高の状態になり、その最高の自分の状態で、1日を元気に過ごす事が出来ます。

やる気が出ずに、イマイチだと思った時には、とりあえず眠ってしまう事が一番です。睡眠に妥協せずに、十分に眠ってみましょう。イマイチだったやる気が、起きた時にみなぎってくる筈です。

あなたがもしあなたの人生の中で何かにつまずいてしまった時は、とりあえず眠ってみてください。そうすれば心身共に最高の状態になり、物事が上手く行くようになります。

はらいかわてつや