仕事にやりがいを感じたいのなら、雑用を素早く片付ける

こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたは、雑用のような仕事をする時は、いつもつまらない物だ、退屈でやりがいを感じない物だと思って、なんとなくの気持ちで取り組んでいませんか?

実は、そんなつまらないと感じている雑用を面白くする為の、画期的な方法があります。

それは、素早く終わらせるという事です。

もしあなたが普段、雑用をする時に30分の時間をかけて終わらせているのでしたら、次に取り組む時には25分以内で終わらせてみましょう。

そして、25分で終わらせる事が出来たら、次にする時は更に素早く、20分以内に終わる事が出来るように挑戦してみましょう。

あなたが自己記録を塗り替える事に挑戦していくと、あなたにとって雑用は何時しか、雑用ではなくなります。

どうしてそうなるのでしょうか?なぜなら、時間を短縮させる為には、必ずそこに知恵が求められるからです。

現在は殆どの会社で無くなってしまいましたが、私がとあるコンサルティング会社をコンサルティングした十数年前は、ダイレクトメールの折り込み作業というものは、見習いのコンサルタント達がする仕事でした。

その作業の量はとても多く、時には数千枚という膨大な数をこなさないといけない事も、度々ありました。

実は、何を隠そう、私はこの折り込み作業をする事が、大好きだったのです。

これほどまでに個人の力量が試される競技のような仕事は無いと、私は思っていました。

優秀な学校を優秀な成績で卒業している新入社員達に混ざり、転職仕立てだった私はこの折り込みの作業を任されていました。何度も徹夜をしながら延々と作業をしていましたが、私だけが目を輝かせながら作業に没頭していたので、周りにはいつも不思議がられていました。

ダラダラと時間をかけて取り組んでいる5人を見て、彼らがしている量と同じだけの仕事を、どうやって私1人で素早く終わらせようかと考え、作戦を練った上で、挑戦をして達成する事は、この上なく楽しかったです。

「物凄く作業が速いですね。凄いです」

と、遥かに歳の若い新入社員に褒めて貰えた事は、今では良い思い出です。

そして、その雑用の仕事から最も早く抜け出したのは、彼らではなく、私だったのです。

どんな些細な仕事をする時も「作戦」を練り、素早く終わらせる事に挑んでみましょう。

雑用でも、会社の将来に関わるような大きな仕事に取り組む時でも、それを自分がやりがいを感じて挑み、そして成功させる為にするべき基本は同じ、「挑戦心を持つ事」です。

はらいかわてつや